インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター久保田温郎と田中小夜子のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター久保田温郎と田中小夜子のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 日記 > 東日本大震災から5年

東日本大震災から5年

  • 投稿日:2016-03-11(金)21:28
  • 最終更新日:2016-03-11(金)21:32

3月11日。東日本大震災から今日で5年。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り致します。また、被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。
自分はあの時、どこで何をしていたのか、、、誰の脳裏にも深く焼き付いていると思います。
5年が経ちましたが、被災者にとっては過去の出来事ではなく、今も尚苦しみや悲しみが続いている事と思います。
それでも必死に前を向いて生きている姿に、東北の方々の力強さを改めて感じています。

被災した福島の相馬は、私の母の実家があり、私は幼い頃から毎年お盆とお正月に帰省し、海水浴へ行ったり海沿いの魚市場で買い物をしたり、浜通り付近での思い出が沢山詰まっている場所。その浜通りにも親戚があり、津波の被害で家が流されてしまいました。
相馬の母の実家は、家のすぐ近くまで津波が押し寄せました。母はあの地震直後、生まれ育った町が変わり果て、その町に住む同級生や知り合いの安否がわからず、秋田から助けに行きたくてもどうする事も出来ないもどかしさと絶望感に、電話の向こう側でずっと泣いていたのを覚えています。

東北人は強い人が多いから絶対大丈夫。きっときっと、この災害を乗り越えて頑張っていけるはず!と思い続けて5年。
今自分が生きている事、家族が元気でいる事、住む家がある事、美味しいご飯が食べられる事、仕事がある事、全て当たり前のようにみえて、実は全てが奇跡なんだと思います。
昨年末に娘が産まれて、命の尊さ、大切さも改めて感じました。

復興への手助けの形や方法は一人一人違うと思いますが、どんな形であっても、私は私なりの思いを持って出来る事をしていきたいと思っています。また、これからもこの思いを忘れてはいけないと心に止めています。

被災された地域の方々の復興を心よりお祈り致します。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

コメント(閉):2

三代目 媚庵 2016 年 3 月 12 日

こんばんは
毎度のおバカなコメで御免なさい

相馬と拝読して思いついたのが『鹿島の一本松』でございます。二度ほど行きましたが、陸前高田の一本松は有名でございますが、こちらもナカナカに、いろいろ思い起こさせるモンでございましたぞ。もしかしたら、あちこちにコレと似た木々が有るのかもしれませんね。
ムスメちゃんが大きくなるまで、あそこに残っていればなぁ!

久保田中 2016 年 3 月 15 日

三代目 媚庵さん
コメントありがとうございます!
相馬に鹿島の一本松という木があるのですね、初めて知りました。
木々も何かを残そう、伝えよう、として生き残ったのかもしれませんね。

ホーム > 日記 > 東日本大震災から5年

カレンダー
« 2017 年 5月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
リンク
  • Fit-i Live
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る